アンガーマネジメント~自分の怒りと他人の怒り~・前編

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

はじめましての方は、目次もどうぞ

 

今日は、金曜日です(笑)

さて、アンガーマネジメント。
最近、よく耳にするようになりました。
私がこの言葉を最初に知ったのは、もう5年くらい前でしょうか。

その頃はまだ、私にとって感情はいい者と悪者がいて、
アンガーマネジメントというのは、
怒りを排除する事だと思っていました。

でも、感情は良いとか悪いとか判断せず、
受け入れてあげるのが吉、とその後心理学から教わりました。

基本的に、感情は天気と同じで、
自然に発生し、自然に消えたり、自然に変わっていくものです。
どんなに科学が発達しても、
私達が雷を操れないのと同じ。

とはいえ、天気と同じように、
過去の経験から予測したり、
対処する事が可能です。

明日が雨なら、傘を持って行こう、
長靴を履こうとしたり、
用事をやめたり変更したり。

で、雨が嫌いな時もあるし、
日照りが続いていれば恵みの雨となる時もあるし、
受け取り手の状況や気分によって、
いい者にも悪者にもなります。

雨が降っているのにムリヤリ出掛けたら、
ずぶ濡れになって、風邪をひいてしまいますよね。

雨が降ったら、身を守るために傘を差しましょう。
怒りも同じです。

そんな傘の差し方、つまり怒りの対処法を今回はお話します。

 

自分の怒り

まずは怒りの構造から説明しましょう。

怒りは二次感情とも呼ばれ、カウンセリングでは、
何か他の感情の蓋になっているという見方をします。

悲しい
寂しい
分かってもらいたい
等々…

例えば、彼女が髪型を変えたのに、
彼氏が気付かずに彼女が激怒!
なんて場面、ありますよね。

男性がこうした細かい変化に、
なぜ気付かないのかって話はまた今度として、
彼女が怒ったのはなんででしょう?

実は怒りたかったわけではなく、気付かれなかった事で、
愛されていないように感じて悲しかったんです。
でも、それが素直に出せません。

「悲しい」と口にしても、取り合ってもらえなかった過去があるのかもしれません。
愛されているのかどうか、確かめるのが不安なのかもしれません。
男性に多い話ですが、悲しいと感じる事を恥じて封印しているかもしれません。

そんな目に見えない内面の事は、
残念ながら、彼氏さんには一ミリも伝わってないですよね。

恐れも悲しみも不安も乗り越えて、
本当に感じた事を素直に伝えた方が、
怒りに任せて感情をぶつけるより、彼氏さんと仲良くなれます。

これは悲しいすれ違いの話とも、繋がりますね。

☆関連記事:悲しいすれ違い~愛し合っているのに伝わらない~☆

 

こんな風に、
自分はこう愛してほしい、
こうしてくれると嬉しい、
という事を伝えるのは、とてもとても大事。

恋愛でも、仕事でも、家族や友達とでも。

人と自分は、別の人間ですからね。
分かっているつもり、が危ない。
何が嬉しいか、悲しいか、
千差万別&十人十色です。

怒りを言葉で伝えるよう意識すると、
人間関係が楽になりますよ。
そのためには、まず自分の本当の感情を知る事ですね。

カッと来たら、
まずは怒りを認めてあげる。
”あっ、自分怒ってるな”って。
ここは、ブレーキ=頭を使って行動を選んであげる場面ですね。

☆関連記事:心のブレーキ(頭)とアクセル(感情)の使い方☆

立ち止まれたら、
本当はどんな感情を感じていたか探ります。

前述の髪型の場面だと、
デートで待ち合わせて彼氏が何も言わないのを見て、モヤッとしますね。イラッとも。
怒ってるな私、と気付けたら、
まず一歩。
そこから、なんでだろう?と自分に尋ねる。

なんで怒ったんだろう?

⇒髪型変えたのを、気付いてもらえなかったから。

⇒髪型変えたのを気付いてもらえないと、なんで怒るんだろう?

⇒無関心なようで、愛されていないようで、悲しい

⇒彼氏は本当に私に無関心なのかな?愛していないのかな?

⇒そんな事ない…はず。

⇒じゃあ、彼氏はただ気付かなかっただけか、恥ずかしくて言えなかっただけかもね。

⇒…うん

⇒気付いてないのか、恥ずかしくて言えなかったのか、問いただす?

⇒なんか、それって重い感じがする

⇒じゃあ、軽く伝えるにはどうしたらいいだろう?

⇒んー、明るく「髪型変えたんだー!」と言うとか?

⇒それで、悲しくはない?また次、彼は同じ事をするかもよ?

⇒そうだね。明るく言って気が済んだらそれでいいし、
ついでに「こういう時は気付いて、何かコメントしてくれると嬉しいな」って
軽く言ってみる。

⇒そかそか、了解~。

…長い(笑)
文字にすると、長かったですね。

でも、自分の本当の感情って、
奥の奥の方に押し込んでいる事があるので、
このくらい丁寧に対話していくのが大事です。

 

初めは時間がかかったり、
行程が長くなるでしょうが、
直に慣れます。

次回は、他人の怒りについてお話します。

後編はこちらから>>>

———————————————————————
【今日のワーク】
普段、どんな場面で怒りを感じているでしょう?
30個、書き出してみましょう。

その中で一つの場面を思い出して、
自分と対話してください。
本当は、何を感じていたのか?
悲しかったのか、寂しかったのか、分かってほしかったのか。
どんな感情でも構わないです。

自分の本当の感情に気付けたら、
どう行動すると、相手との関係が
より良くなるのか自分と相談してみましょう。

もちろん、私にも相談してくださいね(笑)

 

>>>アンガーマネジメントを学ぶメール・カウンセリング<<<

 

 

本日のBGM:ASIAN KUNG-FU GENERATION/24時

 

 

★心が楽になるメール・カウンセリング★

記事リクエスト・無料相談

ツイッター@fridayship

メルマガ