彼に振り回されてる んじゃない~あなたを振り回すのは?~

彼に振り回されてる んじゃない~あなたを振り回すのは?~

 

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

はじめましての方は、目次もどうぞ

 

 

彼から返信がないと落ち込んで、

彼から連絡があると有頂天。

 

週末に彼に会えないと、

何もやる気が起きない。

 

一緒にいない時も、

彼が何をしているか気になって

何も手につかない。

 

彼に振り回されるのって、

苦しいですよねー(*_*;

 

振り回されて苦しいんです!

彼に振り回されないようになりたいです!

 

そんな、ご相談たくさんいただきます。

 

今日は、そんな 彼に振り回されてる 時のお話。

 

実は、あなたを振り回しているのは、

彼ではない!?

彼に振り回されてる んじゃない~あなたを振り回すのは?~

【どんな人が振り回されるのだらう】

 

まずは、彼に振り回される人の特徴を見ていきましょー。

 

<彼に振り回される人の特徴>

・実は自分に自信がない

・自分で決めるのが苦手

・人を優先させる癖がある

・彼と会うために、週末の予定を空けてある

・先に用事が入っていても、彼の用事が入ればキャンセルする

 

えっ、なんで分かるのって?

 

私がそうだったからですよー(笑)

ふふっ。

 

こうなってしまった背景には、

やっぱり今までそういう環境だったから、

というのが大きいです。

 

親に対して、そうでなければ生きてこられなかった。

友達に対して、そうでなければ生きてこられなかった。

学校に対して、そうでなければ生きてこられなかった。

上司に対して、そうでなければ生きてこられなかった。

元カレに対して、そうでなければ生きてこられなかった。

 

背景はあるけど、そんな過去をもっていたら、

一生振り回されるっていうわけじゃないですからね。

 

これは、理解のための材料。

 

自分を否定するための材料にしないで、大丈夫( ˘ω˘ )

 

生きるためには、しゃーなかったんだよって。

 

そして、今まではそうだったけど、

苦しいからイヤだ!と思ったら、

“これから”は必ず変えられます。

 

☆関連記事:その「苦しみ」が原動力☆





【いよいよ本題】

 

さてさて、今日の本題。

 

彼ファーストの生活は

一見、彼に振り回されているように見えるんですが、

実は別のものに振り回されているんですよ、というお話。

 

何に振り回されているかっていうと

自分の感情。

 

これに気付ける人は、中々いません。

中々いないから、気付けたら抜けやすいんですねー。

 

“彼に振り回されてる”と思っている間は、

彼の言動で頭がいっぱい。

 

“彼が返信くれないから・・・”

“彼が会ってくれないから・・・”

“彼の行動が分からないから・・・”

 

って、彼の所へ幽体離脱する時、

ふっと自分の所へ返ってきて。

 

彼が返信くれないって思考した瞬間に湧き出す、

胸の辺りがはやる、モヤモヤする、焦る感覚。

 

それを感じたくなくて、

受け止められなくて、

彼のせいにしちゃうんですねー。

 

でもね。

 

逃げれば逃げる程、

その感情は行き場をなくして

あなたの傍から離れないよ。

 

イヤな感情だけれど、

いつも通り、感じきるのが吉。

 

感情の仕組み、感じきる方法は、

こちらの記事↓をご覧くださいね。

 

☆関連記事:悲しみから早く抜け出す方法☆

 

そうして、自分の本当の感情や

自分の感情の仕組み、自分の感情の対処法を知ると、

何が起こっても平気だなっていう状態になります。

 

“自分の”って所がミソね^^

 

感情はいつも言っているように

自然発生のもので無くしたりはできないけど、

波乗りやバイクのように、

うまく乗りこなす事はできますよん。





【まとめ】

 

『彼に振り回されてるんじゃない~あなたを振り回すのは?~』

というタイトルで、本日はお届けしましたー。

 

彼の言動に振り回されているように“見える”けど、

実は、振り回されているのは自分の感情なんですねー。

 

これに気付くだけでも、

彼という“他人”から“自分”へ意識が向くので、

自己肯定感が育ちますよ。

 

彼も他人ももちろん大事だけど、

まずは自分。

 

今。

 

ここ。

 

ご感想はこちらから

メール・カウンセリング

記事リクエスト・無料相談

ツイッター@fridayship

メルマガ





————————————————————————————————