寂しい 、という感情について

寂しい 、という感情について

 

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

はじめましての方は、目次もどうぞ

 

 

恋愛と切っても切れないんじゃないかなーと

私が思うのが、「寂しさ」という感情。

 

心を砕いて書いたLINEに返信がない。

 

誕生日なのに、彼はお祝いをしてくれない。

 

二番目の女だから、いつも他の女性の影がチラつく。

 

仕事が立て込んでいて、

旦那が帰宅するのはいつも日付が変わってから。

 

そんな時、つい

 

「 寂しい なぁーー」

 

という言葉が口を出てしまう。

 

寂しさから他の男に手を出しても、満たされない。

自己嫌悪になるだけ。

 

そんな悪循環にハマらない為にも、

「 寂しい 」という感情について知っておくといいですよん。

寂しい 、という感情について

【寂しいって何だろう】

 

「寂しい」っていう“感覚”は皆、分かると思うのだけど、

それが“どういう状態”が知っていますか?

 

寂しい、それは「愛がない状態」なんですねー。

 

彼に誕生日をお祝いしてもらっているシチュエーションと、

一人で過ごす誕生日。

 

前者は彼からの愛を感じられるから、

とっても幸せで満ち足りて、

寂しさを感じないような状況。

 

もちろん喧嘩中だとか、

お互いに別のパートナーがいる関係だとか、

彼への愛が冷めているような時は、

話が別かもしれないけれど。

 

一方で、一人で過ごす誕生日。

 

去年は彼が祝ってくれたなぁ、とか、

おめでとうLINEも減ったなぁ、とか、

今日も明日も仕事だー、とか考えている内に、

寂しさが募ってきちゃいますねー。

 

もちろん、一人で誕生日を過ごしても

寂しくない人もいます。

 

高いお酒買って、美味しい肴を用意して、

好きなだけ海外ドラマを見まくるんじゃー!

って、楽しくお祝いしたり、

そもそも誕生日に重きを置いていなかったり。

 

ただ、「誕生日は誰かにお祝いしてもらいたい」

って思っている人にとっては、

一人の誕生日は愛のない状態=寂しいとなるんですねー。

 

SNSの「いいね!」に必死になるのも、同じ。

 

愛が欲しいんですよね。

 

ちょっとでも。

 

【寂しさを手放す】

 

もしあなたが、寂しい時を

なるべく減らしたいなと思ったら、

ちょっと考え方を変えませう。

 

人から愛をもらうのではなく、

自分で自分を愛で満たす方へ。

 

心理学では「自己充足」と呼びます。

 

他人軸→自分軸への移行ですね。

 

☆関連記事:承認欲求と自己肯定感☆

 

ここで、自己肯定感がカギになるのは

いうまでもないのだけど、

「寂しさ」に関しては、

ココを意識してみてくださいな。

 

愛を受け取る、という事。

 

受け取り上手は愛され上手ですしね^^

 

☆関連記事:愛される女は、○○上手!?~たった1つのコツ~☆

 

愛を受け取るのが苦手な人は、

「与える事」にこそ価値があると思いがちですが、

こんな考え方もできるのですよ。

 

愛される=愛させてあげる

 

これも、立派に相手に与える愛の行為なんですねー。

 

愛って、受け取ってもらう瞬間が

一番嬉しくて、気持ちいいんです。

 

喜んでくれたリアクション。

「ありがとう」という言葉。

安心した表情。

静かなうなずき。

 

そうして、相手が受け取ってくれたんだなって

感じられた時に「よかった」って

歓びが自分にも湧きます。

 

受け取り下手な人は、

それも与える行為なんだって

気付いてあげてね。

 

まずは、誉め言葉を素直に受け取るところから始めましょ^^

 

「キレイですね」

 

って言われたら、

 

「いやいやいやいやーー」

 

って全力否定するんじゃなくて、

嬉しいなって自分の感情を感じて、

 

「ありがとうございます」

 

と、ぎこちなくても言ってあげましょ。

 

【愛がすれ違わないために】

 

以前、こんな記事を書きました。

 

☆関連記事:悲しいすれ違い~愛し合っているのに伝わらない~☆

 

人間の愛情表現のタイプは

5種類あるんだよ、って話。

 

<愛情表現のタイプ>

1、言葉タイプ

2、スキンシップタイプ

3、時間や空間タイプ

4、奉仕タイプ

5、プレゼントタイプ

 

この記事では、

恋人や旦那さんとの愛情について話したけど、

今日の「寂しい=愛のない状態」については

もっと拡充して見る事ができますよん。

 

友達関係でもそうだし、

家族関係でもそうだし、

上司や部下、同僚との関係でも、

ご近所さんや趣味仲間との関係でも。

 

イヤな人だと思っていたけど、

実は自分とタイプが違うだけだったとか、

相手と自分のタイプを知る事ができれば、

恋愛以外からも愛がもらえる場面が増えちゃいますよー^^

 

【間接的な愛も、愛】

 

あとは、直接的な愛を受け取る場面がなくても、

私達の周りには愛が溢れている事に気付けます。

 

例えば今、私がこの文章を綴っているパソコン。

 

開発に、どれだけの月日がかかったでしょう。

どれだけ頭を悩ませたでしょう。

ライバルのアッ○ルに嫉妬しただろうか。

この盤面の素材は、他にどんな候補があったのだろう。

 

色々な葛藤があって、妥協した事も含めて

最善の状態で私の前に現れたわけで、

それは愛だと思うんですよねー。

 

そして、そのパソコンを動かす電気だって、

どこかの誰かが、どうにかして、

私の元まで届けてくれてるんで、

それも愛だなー、ありがたいなーって感じます。

 

☆関連記事:感謝しよう!・・・としなくていい

~感謝するよりも大事なこと~☆

 

あ、バカっぽい(笑)?

 

自己肯定感が高まると、

どんどん自分が解放されて、

バカ度、変態度が高まると評判です(笑)

 

でも、それが私で、

それが自分らしくて、

それが幸せなんですねー。

 

もちろん、バカ=幸せではないですよー。

 

バカというのは、

「枠を外そう」というメッセージの象徴。

 

誰かが描いた、

誰かの幸せ像では満たされなかったから、

自分の幸せを見付けに行く。

 

その為に、自己肯定感が必要だし、

もっとバカになろうよ、

ワガママになろうよ、って話。

 

☆関連記事:自分軸で生きるって、自己中って事でしょ??☆

 

【愛が受け取れないワケについて】

 

最後に、「愛がどうしても受け取れないんです!」

っていうあなたに伝えたい、お話。

 

それは、罪悪感が潜んでいる可能性。

 

罪悪感って本当に簡単に生まれてしまうし、

分かりにくいので気付きにくいのだけれど、

 

「幸せになってはいけない」

 

と、なんとなく感じていたら

罪悪感があるのかもって見返してみてね。

 

罪悪感は自分を罪人のように扱う感情だから、

あなたが、愛を受け取ってハッピーになったら

・・・困るんです(笑)

 

犯罪者なんだから、罰を受けなきゃ!

 

とばかりに、自分が幸せにならない方に舵を切ります。

 

「キレイですね」

 

と言われて、

 

「ありがとうございます」

 

って言うのなんて、

“物理的には”とても簡単な事に思えるのに、

何故かできないのであれば、

“心理的に”とても難しいという事。

 

そんな自分を責めたり、卑下したり、苦しむ必要はなくて、

ただ「今はそうなんだー」って受け止めてあげましょう。

 

気付く事が、大事な第一歩。

 

☆関連記事:罪悪感が蝕む幸せ~いつもうまくいかない恋を選ぶあなたへ~☆

 

【まとめ】

 

「寂しい、という感情について」、

今日はお届けしましたー。

 

寂しい=愛がない状態

 

一人だから寂しいわけではないし、

二人だから寂しくないわけじゃないんですねー。

 

一人でも愛が感じられれば寂しくないし、

二人でも愛が感じられなければ寂しい。

 

愛を受け取る心。

 

育んで、「寂しさ」と上手に付き合っていきましょ🐑

 

 

>>>愛を受け取る心を育むメール・カウンセリング<<<

 

 

本日のBGM:GARNET CROW/彼方まで光を

 

★心が楽になるメール・カウンセリング★

記事リクエスト・無料相談

ツイッター@fridayship

メルマガ