2.心のまなび - 生き方編

運命 とは何か~not スピリチュアルな話~

運命 とは何か~not スピリチュアルな話~

 

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

皆さんにとって、 運命 って何でしょう?

運命 とは何か~not スピリチュアルな話~

絶対的なもの。
偶然が重なったもの。
見えない大きな力。
様々ですね。

 

Wikipediaによると、

人間の意志をこえて、人間に幸福や不幸を与える力のこと。あるいは、そうした力によってやってくる幸福や不幸、 それの巡り合わせのこと。--参照:Wikipedia

との事。

 

私もずっと、そう思っていました。

「運命の人」という響きには、必ず幸せにしてくれる力がありました。

「運命の日」には、何かが起こる予感がありました。

天職や天命という言葉を使う人もいますね。

 

でもなんか、私にはずっとしっくりこなかったんです。

 

その結果が用意されているようなニュアンスが。

占いとかは好きなんですけどね。

そんなモヤモヤを抱えていた日、心理学の先生に聞いてみたんです。

「運命って何なんですか?」って。

 

先生は、なんて答えたと思います?

 

「変えられない事です」

 

“えぇぇーーー!どういう事!?”って、

大量のハテナが頭を駆け巡り、実際に言葉にしていました(笑)

 

先生曰く、

「血液型やどの親から生まれたかという事や、

過去の事は変えられない。

変えられない事は運命だから受け入れる。

変えられない事以外は、運命ではないから

何とでもなる」と。

 

運命は大きな力を持っていると思っていた私にとって、

この回答は衝撃的でした。

と同時に、“そっか”って気楽にもなったんですよね。

 

 

当時はまだ親のせいで、

こんな人生になったと思っていた節がありましたが、

運命=変えられない事。それ以外は何とでもなると教わってからは、

親は変えられなくても、親との付き合い方は変えられる、

という風に、運命とそれ以外を見分ける事ができるようになりました。

 

ただこの時も、まだ自己否定たっぷりでしたから、

自分に対しての運命は受け入れられませんでした。

 

“他人と過去は変えられない。

自分と未来は変えられる”

 

という言葉を悪い風に捉えて、

自分責めをしまくっていました。

幸せな今にいないのは、自分のせいだって。

一人SMごっこ祭(笑)
変えられない事、ゆるくゆるく自分に適用して

運命として受け入れていくと、また心が楽になります。

 

起きた事は数秒前の事でも、既に過去。

これは変えられない運命の事。

 

何とでもなる“運命じゃない事”は何?

 

あるいは、こうとも言い換えられますね。

 

運命との付き合い方を考えよう、って。

 

親(=運命)は変えられないけど、

親(=運命)との付き合い方は変えられる。

 

彼(=運命)は変えられないけど、

彼(=運命)との付き合い方は変えられる。

 

お金(=運命)は変えられないけど、

お金(=運命)との付き合い方は変えられる。

 

————————————————————–

【本日のワーク】

運命=変えられない事。

だとすると、あなたにとっての運命はなんですか?

10個書き出してみましょう。

 

書き出した10個の運命との、心地よい付き合い方はなんですか?