共依存と相互依存の大きな違い~幸せなパートナーシップ~

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

はじめましての方は、目次もどうぞ

 

 

モラハラという言葉と共に、

共依存という言葉もメジャーになってきました。

 

では、共依存と似た言葉、相互依存というのはご存知ですか?

 

依存という文字が入っていますが、

共依存とはまっったく違った心地いい~状態^^

 

お互いの存在を大事に思い、認め合い、高め合える、

そんなパートナーシップの状態を指します。

 

共依存の苦しみの真っ只中にいると、

どこを目指したらいいか分からず、

その状態から抜け出す一歩が踏み出せない時があります。

 

そんな時、「相互依存」を目印の灯台のように思ってもらえたら、

足が動くんじゃないかな。

 

今日は、そんな話をしていきます。





【まずは共依存のお話】

 

共依存と相互依存の話をする時、

自立の状態も欠かせません。

 

順番にお話していきますね。

 

まずは、共依存。

 

図を作ってみました。

力作(笑)

 

 

そう、共依存というのは二人の人間の体がくっ付いていて、

離れないような状態。

 

二人三脚って、運動会の競技などでありますよね。

 

やった事ない人もいるかな。

ウチの学校では、二人三脚リレーがありました(笑)

 

あのイメージ。

 

彼が右に行こうとした時に、

私が左に行こうとしたら、動けないですよね。

あるいは、倒れてしまう。

 

動くには彼に合わせるか、私に合わせるしかない。

 

二人三脚のように簡単に紐を外すわけにいから、

二人はいつも同じ行動をしなきゃいけない。

 

現実的には、共依存の状態でも

二人一緒にいるわけじゃないです。

 

それぞれ仕事に行ったり、買い物に行ったり。

 

でも、心は一つ。

 

例えば洋服を選ぶ時も、

自分の好きな服より彼の好みそうな服を買う。

 

友達と遊びに行っても、

彼が不機嫌になるから短時間で帰ってくる。

 

自分の望みを、どんどん小さくしてしまう。

苦しいですね。





【自立のお話も】

 

続いて、自立。

 

自立のイメージは、こんな感じ。

 

 

それぞれが自分で立っている状態。

 

くっ付いていない分、依存する事はなくて、

自由に行動ができてよさそうですね。

 

でも、困った時に頼る事ができない、

愛を与える事ができない、

感情を交わえる事ができない・・・といった状態なんです。

 

パートナーシップとしては、

寂しい関係になってしまいますね。

 

付き合っているのに、連絡が来るのは三ヶ月に一回。

今日も彼は何をしているのやら。

 

もちろん、それで互いに心地いいのであれば、

それはその“カップルの付き合い方”になります。

 

心のつながりがあるかどうか、ですね。





【そして、相互依存】

 

最後に、相互依存。

 

 

互いに手を繋いでいます。

 

彼が右に行こう!と提案して、

私も行きたい時には一緒に行けるし、

今日はちょっと、という時には

手を離して別行動ができます。

 

用事が終われば、また手を繋いで共に歩ける。

 

とても自由であり、関わり合っている状態です。

 

依存状態と一番違う点は、“選択肢がある”という所。

 

彼の提案を一緒にしてもいいし、しなくてもいい。

もちろん私の提案も同じ。

 

一緒にしなくてもいいという“余裕”があると、

自分とは“別の考え方”として彼を否定しなくて済みます。

 

共依存状態だと、彼の考え方=自分の考え方になります。

 

彼の提案は、“しなきゃいけない”と自動的に思ってしまう。

 

自分の考え方に、心がNOを出す時、

心の方が強いですから自分の考え方=彼の考え方を

心に合わせようとして否定します。

 

すると、対立が生まれやすいですね。





【共依存になりやすい人】

 

共依存になりやすい人は自己肯定感が低いので、

自分が相手の望みを叶える事が心地いいと思っています。

 

相手の気持ちや望みを常に考えている内に、

自分の気持ちや望みが分からなくなります。

 

そして、共依存の相手となる人もまた、

他人の気持ちや望みを常に考えている内に、

自分の気持ちや望みが分からなくなった人。

 

なので、どんなに罵倒したり、殴したりして従わせても、

それが彼の本当の望みでない事が多いんです。

多いというか、ほとんど。

 

だから、彼女が望みを叶えても、叶えても満たされない。

 

互いが満たそうとすればする程、満たされずに不満が溜まっていく。

 

それでも満たす手段を知らないから、

殴る、罵倒するが止められない。

 

これが、共依存が上手くいかない仕組みなんですねー。





【まとめ】

 

相互依存に行き着くには、自立を一度通らなくてはいけません。

 

共依存→自立→相互依存の順ですね。

 

共依存から抜け出す鍵は、例によって自己肯定感。

 

共依存からは、絶対抜け出せますからね。

 

「幸せになりたい」という、素朴な気持ちが原動力。

 

それさえあれば、大丈夫。

 

>>>自己肯定感を上げるメール・カウンセリング<<<

 

 

★心が楽になるメール・カウンセリング★

記事リクエスト・無料相談

ツイッター@fridayship

メルマガ

 





————————————————————————————————-