「 ちゃんと 」「しっかり」「きちんと」を手放して、幸せに近付く

「 ちゃんと 」「しっかり」「きちんと」を手放して、幸せに近付く

 

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

はじめましての方は、プロフィール目次もどうぞ

 

昨日から、台湾に来ています。

3年ほど住む事になる予定~。

 

 

「ちゃんと仕事しなきゃ」

「今、彼は忙しいから、私がしっかりしなきゃ」

「毎日、きちんと掃除しなきゃ」

 

頑張り屋の皆さん、

今日も、こんな風に呟いていますか?

 

面倒見がよく、親の期待に応えてきた長女気質の人ほど、

「 ちゃんと 」「しっかり」「きちんと」で

自分を縛ってしまって、

心が苦しくなってしまうシチュエーションに

よくお会いします。

 

頑張るのが、当たり前になっているんですねー。

 

んー、偉い!

 

実際には長女でなくても、

兄姉が頼りなかったり(自分から見て)、

病気がちだったり、

親の接し方から長女気質を発揮する方もいます。

 

「 ちゃんと 」「しっかり」「きちんと」を手放して、幸せに近付く

【3つの言葉の共通点】

 

「ちゃんと」「しっかり」「きちんと」の

3つの言葉に共通するのは、

何でしょうか?

 

(シンキングタイムw)

答えでましたかー。

 

私の答えと合ってなくても、

自分で考えると勉強になりますよん。

 

さて、3つの言葉の共通点。

 

それは、自己否定が入っているという点なんですねー。




【どうやって自己否定してるんだろうか】

 

「ちゃんと仕事しなきゃ」というのは、

いつもの自分の仕事ぶりと比較して否定し、

会社や社会から提示された、

別の働き方を理想に掲げています。

 

あるいは、”今日仕事休みたいなー”という心の声を無視して、

”そんなのだめ!ちゃんと仕事しなきゃ”と

頭で抑えつけてしまっています。

 

☆関連記事:心のブレーキ(頭)とアクセル(感情)の使い方☆

 

「今、彼は忙しいから、私がしっかりしなきゃ」というのは、

”会いたいなー”とか、

”電話したいなー”という気持ちを抑えて、

”忙しいんだから仕方ないでしょ”と

頭が説得している状態。

 

「毎日、きちんと掃除しなきゃ」というのも、

そう意識しないでやった、自分なりの掃除に納得できず、

テレビや雑誌、母親や姑さんの掃除基準に合わせようとしています。




【“自分のやりたい事”なら何でもオッケー】

 

もちろん、これらが”自分のやりたい事”だったら、

全然オッケーですよー。

 

”仕事行きたくない気分だけど、今日行った方がラクなんだよなー”とか、

”この間、ムリ言って喧嘩になったから、我慢してみよう”とか、

”ちょっと頑張るだけでキレイになるんだから、挑戦してみよう”といった感じ。

 

前向きな印象がしますよねー。

 

反対に、「ちゃんとしなきゃ」「しっかりしなきゃ」

「きちんとしなきゃ」だと、

やりたくないのにやらされて、

自分らしさから、どんどん遠ざかってしまいます。



【「ちゃんと」「しっかり」「きちんと」に出会ったら】

 

もちろん、「ちゃんとしなきゃ」「しっかりしなきゃ」

「きちんとしなきゃ」って思うには、背景や理由があります。

 

分かってます。

分かってますよー。

 

でも、それは本当に従わなくてはいけないの?

自分らしさよりも、大切なものなの?

 

ちゃんとしてなくても、私。

しっかりしてなくても、私。

きちんとしてなくても、私。

 

手放すのは怖いと思います。

でも、「ちゃんと」「しっかり」「きちんと」の

三種の神器が頭に浮かんだら、

ちょっと立ち止まって考えてみて。

 

それは、本当に自分がしたい事なのか。

本当に、やらなきゃいけない事なのか。

 

もちろん、そう尋ねて尚、

”私はそうしたい!”ってなったら、

それはもう「ちゃんとしなきゃ」っていうのが、

”私らしさ”なんだなって事になります。

 

どちらでも、いいんです。

 

どちらを選んでも、

自分らしければ心が喜んで、

幸せに近付けますから(にっこり)

 

本日のBGM:BUMO OF CHICKEN/話がしたいよ

 





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です