道を外す のが怖かった

道を外す のが怖かった

 

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

はじめましての方は、プロフィール目次もどうぞ

 

 

今日は私、フライデーの昔話などをちょっと。

 

プロフィールに書いてある通り、

毒親家庭だった私は、かなり制限の多い中で育った。

 

趣味、学校、仕事、友達、マナー、お金。

 

あらゆるものが親の監視下にあった。

 

親の気に入らないものや人は、

私の世界から消された。

 

そんな彼らに、ずっと反抗していた。

 

けど、ある日気付いた。

 

親の思い通りにはならない!と息巻きながら、

自分で自分に制限をかけ、

私の目の前には、もはや一本しか道がなくなっていることに。

 

道を外す のが怖かった

 

選択肢がない。

 

五体満足で、経済的にも不自由はしていない。

 

なのに、ただ一歩が踏み出せない。

 

怖い。

 

親に逆らいながらも、ギリギリの所で

親に合わせた生き方をしていた。

 

その事実がまた、私の自信を失くした。




 

 

そんな私が、“本来の自分”に出会う体験をする。

 

29歳の時の留学だ。

今から5年前。

 

何となく漠然と、“自分の人生には英語が必要だ”と

小さい頃から思っていた。

 

テストでは赤点ばっか取っていたのにね(笑)

 

不思議と、大人になって自分から習い始めた英語は、

よく身に付いた。

 

2013年2月。

 

バンクーバーに降り立った私には、奇妙なしっくり感があった。

 

“あぁ、ここなんだ”

 

なんの縁もない異国の地。

 

そこに、ずっと探していた私の居場所があった。

 

当時、最初の結婚をしていた私は、

7ヶ月という留学としては長くない期間しかいられなかったけれど、

見えない何かに縛られていた、縛っていた自分が解放され、

“本来の自分”に回帰していく感覚に出会った。




 

 

あれから、5年。

 

心の勉強をした私は、

もっともっと“自分らしくありたい!”という欲が出ている。

 

自分の意欲に、自分でも驚いている。

 

目の前には一本の道しかなく、

窮屈さを感じながら踏み外すのが怖かったあの頃と、

景色が一変している。

 

多くの人がよく言っているこの言葉、

実感を持って今、私も相談者さんに伝えている。

 

「世界は自分が創っているんだよ」

 

“踏み外すのが怖い”と自ら道を狭めれば窮屈な世界が、

ちょっと勇気を出して、心のままに行動をすれば広い世界が。

 

もちろん、世界が窮屈になってしまった事情があるって知っている。

スゴくよく知っている。

 

だから、相談者さんが怖がっているのに、

ムリヤリ後ろから背中を押すような事はしない。

 

私も始めは、「は?」ってなった。

 

自分で作ってるって言ったって、

「こんな苦しい世界望んでない!」って。

 

でも、何度も目にして、心に引っかかったから。

 

だんだん、

 

“もし本当にそうなら・・・”

 

って変わって、

 

“本当ならどうしたい?”

 

って何度も自分に問いかけて、

 

やっと、

 

“・・・私も自分で世界を創りたい”

 

って、心に気付けた。

 

怖かったよ。

 

気付いたからって、すぐに行動できるわけじゃない。

 

自分のやりたいこと、自分のあるがままでいるなんて、

やった事がなかったんだ。

 

何度も、立ち止まった。

 

道にも迷った。

 

それでも、小さな希望を紡いで、少しずつ行動していたら、

ある日、何か突き抜けた。

 

“こういう事か”って、分かった。

 

それから、せっせと自分の世界を創っている。

 

もちろん今でも怖い時もあるし、立ち止まる事もある。

 

ただ、私は知っているんだ。

 

“大丈夫”なんだって。

 

怖くても、大丈夫。

怒っても、大丈夫。

失敗しても、大丈夫。

喧嘩しても、大丈夫。

嫌われても、大丈夫。

 

“幸せ”は、それらをも受け入れる。

 

今、私の前にあるのは一本の道ではない。

 

BUMP OF CHICKENの『Stage of the ground』の歌詞のよう。

 

“360度 全て 道なんだ”

 

まっすぐ行ってもいい。

横に逸れてもいい。

引き返してもいい。

誰かと歩んでもいい。

 

とても自由。

 

自分が、そんな世界に生きられるなんて思わなかった。

 

私でもココまで来られた。

なら、誰だって来られる場所なんだと強く思う。

 

一人でも多くの人の心が、楽になりますように。

一人でも多くの人が、“その人らしく”生きられますように。

 

そう願いを込めて、今日も相談者さんの話に耳を傾ける――。

 

☆関連記事:毎日、死にたいと思っていた☆

 

本日のBGM:BUMP OF CHICKEN/Stage of the ground