“私の話を聞かない夫”を変えるには?初めの一歩☆

Friday

Friday
Friday

こんにちは。メール・カウンセリング専門家のFriday(フライデー)です。
はじめましての方は、『初めての方へ』プロフィール目次もどうぞー

「思い込みが現実を作る」

そんな言葉が心の世界にはあります。

「思い込み」というのは、他に

・観念
・設定
・ビリーフ
・世界観
・解釈
・自分ルール

こんな言葉で言われる事も。

もう何十年も生きてきてますからね(笑)

私達は、沢山の思い込みを抱えています。

  • ワガママ言ったら嫌われる
  • これをしたら夫は嫌な顔をする
  • 結婚したら自由がなくなる
  • 自分の好きなことをしたら母親失格
  • 仕事はツラくて苦しいもの
  • 夢を叶えるのは若者の特権
  • 女性は年を取る程、魅力がなくなっていく

例えば、こんな自分を苦しめるような思い込み。

しんどいですよねー(>_<)

それが“当たり前”だと思って、本当に?ってチェックする機会もなくて、望まない現実を「しょーがないもの」として諦めていませんか?

んんーーー、もったいない!

“私の話を聞かない夫”を変えるというシチュエーションで、相手を変えて、より良い関係を育んでいく、初めの一歩を解説していきまーす^^

今の現実を作っているのは私

現実=事実×思い込み

分かりやすいので、私はこんな式を使っています。

「思い込み」の部分はさっき出てきた、「解釈」「設定」とその時のフィットする言葉で。

で、ですね。

「思い込み」で掛ける前の「事実」というのは、どんな時も、100%中立なんです。

どんな時も。

100%♪

中立というのは、誰が見ても同じように見えるという事。

例えば、10時に約束してたAさんが10時5分にやってきました。

後で友達に「今日、Aさん遅刻してきたんだよねー」って話したのは、事実でしょうか?

・・・事実っぽい?

いやー、実は違うんですよね。

事実は、「Aさんが10時5分に来た」だけ。

「遅刻した」というのは、私の解釈なんです。

人によっては5分くらい、遅刻と思わない人もいますよね?

そんなイメージ。

あっ、遅刻だと思った自分が心が狭いとか、そーういう話じゃありませんよん(^◇^;)

「事実」はいつでも中立という事を、まず頭に入れてみて下さい。




入りましたかね(笑)

そーするとね。

「今の現実を作っているのは私」という、衝撃的な事が飲み込みやすくなるんです。

「えっ、夫に話を聞いてもらいたいと思ってるのに??
話を聞いてもらえない、この現実を私が作っているの!?」

うんうん。

そう思いますよねー。

でもね。

そこを飲み込まないと、「現実を変える力が自分にある」って話が成り立たなくなりません?

「現実は私以外のモノや人が作っている」としたら、それらが変わらない限り、「現実は変わらない」って結論になっちゃいますよねー。

だからまずは、「なんかよく分からんが、そういう仕組みらしい」という、ふんわりした感じで受け止めてみて下さい^^

あっ、もちろん自分を責める為じゃありませんよー。

自分好みの幸せな現実に変えていく為、です♪

自己否定が強くなったら、こちらの記事も読んでみてね↓

あわせて読みたい
その自己否定の声、自分の声じゃないって知ってる?/ネドじゅんさん・三脳研
その自己否定の声、自分の声じゃないって知ってる?/ネドじゅんさん・三脳研

現実を“私が作っている”って感覚を掴む

現実を“私が作っている”って感覚を掴む一番のコツは、「事実」を見るという事。

ありのままに。

ここが、自己肯定感が低いとちょっと難しい所。

ありのままに見たら、傷つくって勘違いしちゃうんですねー。

うんうん、分かります。

実際は、事実はただの事実です(^_^;)

自分が見ても、お隣さんが見ても、地球の裏側のブラジルの人が見ても(笑)、誰が見ても変わらないのが「事実」。

それ以外はぜーんぶ、自分の思い込みからくる解釈。

だから、変えられるって事♪

ちょっとこんなワークに取り組んでみてね↓

<現実を“私が作っている”って感覚を掴む為の質問>

・「事実」はどうなってる?どこからが、私の「想像」?
・私は、どんな風に解釈した?
・なんで、そんな風に解釈したんだろう?
・自分のことを、自分はどう思っている?
・夫のことを、自分はどう思っている?
・何のために、話を聞いて欲しいの?

・もしも、例えば、私が夫に話を“聞かないようにさせている”としたら、なんでだろう?どんなメリットがありそう?

・例えば今日、急に夫が話を聞くようになったらどう?
 何か怖かったり、不都合な事ない?

「どーせ夫は話を聞いてくれないだろう」って前提で話していることに気付いたり(私の事ね・笑)、実は向き合って深い話をするのが怖い私がいたり、「私の話はつまらない」って自分を過小評価した設定をしていたり、様々ですねー。

他にも、例えば「結婚したい」って言っていた相談者さんで、実は一緒に住むとナマケモノの自分を見せる事になるから、それが怖いって事に気付いた人もいました^^

「彼が結婚してくれない」じゃなくて、「私が結婚しないようにしてたんだ」って、同じ状況でも捉え方が180°変わりますよねー。

(ナマケモノって、可愛いよねw)

すごーーく前だけど、今日の話に繋がる話書いてたわ(笑)↓

あわせて読みたい
起こっている事は 全て正しい ~問題に感謝できる日~
起こっている事は 全て正しい ~問題に感謝できる日~

まとめ

『“私の話を聞かない夫”を変えるには?初めの一歩』をお届けしましたー。

今日の話はパートナーシップだったけど、職場でも、友達でも、家族でも、どのシチュエーションでも同じ。

「この現実は、私が作っている」

まずはね、「夫のせいで」「〇〇がないから」って思っていたのが、「私が望んでこの現実を作っていたんだなー」って気付く事で、見える景色が変わっていきます。

初めはね、「ゔっ!」ってちょっと痛いかもしれない(^^;;

でも、誰かのせいにしていて動けない他人軸の世界から、「私が私の望み世界を創っていく」という軽やかな自分軸の世界へシフトしていきますから、デトックスだと思ってやってみてねー。

あっ、繰り返しになるけど、ワークの最中にどんな答えが出てきても、自分を責める必要はナッシィングですよん♪

「そんな風に私は世界を見ていたんだなー」って優しく受け止めてあげましょ。

それから「今日気づいてよかった♪」って、今から自分好みに書き換えていけば無問題^^

一人じゃうまくできない!
自分責めが強くて見るのが怖い・・・
どんな風に書き換えたら?

と思ったら、カウンセリングでフライデーと一緒にやっていきましょーう♪

もっとラブラブなパートナーシップを望んでいいんですよー♡

ABOUT ME
Friday(フライデー)
Friday(フライデー)
心理カウンセラー
昔の私は、超々々々々々重度の恋愛依存でした。一日中彼の事を考え、彼の言動に一喜一憂し、もう疲れるのなんのって(笑)
それは結婚をしてからも変わらなかったのです・・・

そんな私も心理学のおかげで、依存をマヌッと卒業♪

恋愛依存のしんどさを知っているし、でも、恋愛って本当に素晴らしい!!って思っているから、一人でも多くの人に、“幸せな恋愛”をしてもらいたい&“幸せな結婚生活”を送ってもらいたいのです。そんな想いで、日々カウンセリングをしています。

しんどい恋愛・結婚生活していませんか?
生き辛さを抱えていませんか?

次に幸せになるのはあなたです♪ぜひ、お手伝いさせてください。

●メール・カウンセリング専門家
●1983年生、バツイチ&再婚、子なし、台湾在住

くわしいプロフィールはこちら>>
記事URLをコピーしました