確かな事を繋げていく~自信の作り方~・前編

日本人の謙虚な国民性も相まって、
なかなか自信が持てない方が多いようです。
皆さんのお話を聴いていても、チラホラ。

自信って、どうやって作るんでしょう。

これ、他人を信用する過程に置き換えてみると、分かりやすいんです。

例えば、Aさんは
待ち合わせの時間も守り、貸した本もちゃんと返ってくる、
「今度、飲もうね」と話をしたら実現する。

一方のBさん。
待ち合わせにはいつも遅刻、貸した本はもちろん貸したお金も返ってこない、
「今度、飲もうね」というセリフは挨拶代わりで、実現した事がない。

どちらが、信用できます?

・・・Aさんですよね。
(Bさんという人もいうのかな・笑)

AさんとBさん、何が違うんでしょう。
ちょっと考えてみてください。



考えました?

それはですね・・・、
Aさんは約束を守り、Bさんは約束を守らないという違いなんです。

注意:約束を守る事が正しく、守らない事が正しくないという断罪の話ではないのでご注意を。
そして、約束の概念も人により異なるんです。やっかいな事に(笑)

これを自分に当て嵌めてみましょう。

今日こそ遅刻しないように!と誓ったのに、遅れてしまう。
あぁ、自分はダメな人だ・・・。
今回こそダイエットを成功させるぞ!と心に決めたのに、ついつい甘いものに手を伸ばす。
あぁ、また痩せられなかった・・・。
次こそはいい男と付き合う!と意気込んだのに、またダメ男をつかんでしまう。
あぁ、私は結局こういう男しか付き合えないのか・・・。

どんどん自信がなくなってしまう。
なぜか。
自分との約束を破り続けているから、なんです。

彼氏との約束は無理をしてでも叶えるのに、
(例:もうお風呂にも入りすっぴんなのに、
「今から来ない?」という誘いに喜んで行く)
大事な自分との約束はあっさり破ってしまう。

自分にとって、自分がBさんになってしまっているんですね。

では、これをAさんにするにはどうしたら?
長くなってきたので、次回へ~。

————————————————————-
【今日のまとめ】
自信がなくなってしまうのは、自分で自分との約束を破り続けているから