心理学 は何のために存在するか

心理学 は何のために存在するか

 

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

 

心理学 は何のために存在するか。

 

心理学 は何のために存在するか

 

これ、知っておくと心理学を上手く自分の幸せに活用できます。

知らないと、遠回りしてしまうので綴っていきますね。

 

心理学の起源は、

近代の心理学が哲学から独立して一つの学問として成立したのは、1879年にドイツの心理学者ヴィルヘルム・ヴントがライプツィヒ大学に心理学実験室を開き、アメリカ合衆国でも心理学の研究が始まった1870年代という見解が一般的である。心理学が境を接する様々な領域として、生理学、神経科学、人工知能、社会学、人類学、さらに哲学やその他の人間的活動がある。――参照:Wikipedia「心理学の歴史」

 

んーーー、頭が痛くなってきた(笑)

違う、こういう事を書きたいんじゃない。

 

心理学というと、人の心を科学する=人の心を見透かせるというイメージを

お持ちの方も多いかと思います。

 

なので、カウンセリングでも

「彼はどう思っているんでしょう?」という質問をよくいただきます。

 

確かに、心理学では心の仕組みを解説できるので、

その質問にお答えする事は可能です。

 

でも、ちょっと待って。

 

あなたが知りたいのは、本当にその質問?

本当に知りたいのは、

「どうしたら自分が幸せになれるか」という事ではないの?

 

彼が好きだったら幸せ、彼が嫌いだったら不幸せ。

 

いやぁ、もったいないです。

 

分かる、分かりますよ!気持ちは。

バリバリ依存体質だった私ですから。

 

Friday(フライデー)の依存エピソードはこちら↓

☆関連記事:好きなものを好きと言えなかった日々~依存体質チェックリスト~☆

 

 

「彼はどう思っているんでしょう?」という質問では、

幸せを遠ざけます。

 

なぜなら、

「心理学的にはこう解説できます」とお伝えした内容を、

正しいか、正しくないかという基準でしか見られないから。

 

大事な事が抜けているんです。

 

“どうしたら、自分が幸せになれるか”という、大事なポイントが。

 

例えば、バツイチの彼が中々結婚に向けて話を進めてくれない、という話だったら、

彼は罪悪感を強く持っていて、

それは前の奥さんがまだ好きだというわけではなくて、

あなたの事が大事だからより強くなってしまって・・・、と彼の心理を解説します。

 

「彼はどう思っているんでしょう?」という質問には、お答えしていますね。

 

その答えで、あなたは幸せになっていますか?

幸せになれそうな予感がしますか?

 

彼はどう思っているという視点は、

あなたの選択肢を彼に明け渡してしまっている状態。

 

手元になくて、とても不安定ですよね。

ここからグッと、自分の元に引き寄せます。

 

「私はどうしたいのか?」

今の私にできることは何か。

 

カウンセリングでは、それを見つけるお手伝いをします。

 

そうすると、すーっと心が楽になっていきます。

問題が手元にあるから。

 

 

先程の例であれば、彼の罪悪感が強いという話ですが、

投影の法則に則れば、それはあなたの罪悪感が強いという事。

 

ドキッとしました?

 

あなたの中に、手放せていない罪悪感がありませんか。

元彼や元々彼や、お母さんやお父さん、兄弟に対する罪悪感かもしれません。

それを、探っていく。そして手放していく。

 

そんなこと意味あるの?って、思いました(笑)?

分かります、分かります。

 

でもね。

 

意味がある、意味がない。じゃないんですよ。

正しい、正しくない。じゃないんですよ。

合ってる、合ってない。じゃないんですよ。

どう幸せに活かしていくか、なんです。

 

世界は自分が創っているというのは、そういう事。

 

幸せになりたいなら幸せになる答えを待っているのではなく、

どう幸せになるかを選択していく。

 

彼と結婚がしたいのなら、

どう彼と結婚をするかを選択していく。

 

それはトレーニングでできるようになりますからね。

自己肯定感と“私の取扱説明書”が導いてくれます

 

 

まとめ

 

心理学は何のために存在するか。

 

それは、人の心を見透かすためではなくて、

人をコントロールするためではなくて、

人が幸せになるために存在するんだ。