あなたの問題は依存から?自立から?〜心のステータスとズレた助言は響かない〜

Friday

Friday
Friday

こんにちは。メール・カウンセリング専門家のFriday(フライデー)です。
はじめましての方は、『初めての方へ』プロフィール目次もどうぞー

あなたの問題は依存から?
自立から?




って、某・風邪薬の宣伝みたいなセリフから始まりました、今回のお話(^_^;)

これね。

スゴい大事な話なんですよー!!

依存の人と、自立の人とでは「やる事」が180°違う。

例えば、一例だけどこんな感じ↓

  • 依存:自分でやってみましょうか
  • 自立:人を頼ってみましょう

依存の人が、「人を頼る」という事をすると、もーっと依存的になっちゃう。

自立の人が、「自分でやる」をやると、もーっと自立的になっちゃう。

きゃぁぁぁぁぁーーーー(>_<)

だから今、自分がどの心のステータスにいるかって知るのはとっても大事☆

依存 → 自立 → 自分軸

心のステータスは、

依存 → 自立 → 自分軸

の順番でシフトしていくといわれています。

あなたは今、どの心のステータス?

<心のステータスチェック

  • 依存:自分にはできない、人にやってもらおうとする
  • 自立:全部一人でやろうとして行き詰まる
  • 自分軸:自分でできる事は自分で、できない事は人を頼ろう♪
依存・自立・自分軸

でね。

大事なのは、依存の人がね、自立をすっ飛ばして自分軸にはいけないんですよー。

依存 → 自立 → 自分軸

の順番で、ステップを進めていく必要があるという事。

それぞれの課題

  • 依存:「自分でできる」という経験を積む
  • 自立:「人を頼っていい」という経験を積む

少しずつ、少しずつねー。

もちろんいつも通り、どちらも自己肯定感がカギになるのは言うまでもなし(^_−)−☆

自分を否定したままじゃ、「自分でできる」って経験も、「人を頼っていい」って経験も難しいよねー。

完璧じゃなくていいので、できる範囲で、少しずつ・・・♪

依存の人も、自立している

それから、依存の人というのは、何かや誰かに依存しているわけなんだけど、実は他ではめちゃくちゃ自立していたりします。

例えば、恋愛依存の人。

友達、職場の人、家族に頼れない!

でも、苦しい。満たされない(>_<)

彼になら、この思いを満たしてもらえる!

ってなると、パートナーにどんどん依存しちゃうんですよねー。

うんうん。

分かるよー(^◇^;)←経験者は語る

  • 彼しかいない!(恋愛依存)
  • 仕事しかない!(ワーカホリック)
  • 買い物しないと!(買い物依存)

だから、「依存」と「自立」って別のステータスではあるんだけど、一人の人の中では混在してたりするんです。

仕事では自立的だけど、パートナーの前では依存っぽくなっちゃうとか。

そのまた逆とか。

さまざま。

面白いよねー☆

人の心って、本当に広くて、色んなものが一緒に住んでいるんだぁ。

まとめ


「あなたの問題は依存から?自立から?〜心のステータスとズレた助言は響かない〜」って話をお届けしましたー。

心のステータスによって、やる事は全然違うんだよーという事を知っておくと、あなたの学びもワークの成果も、どんどん花開いていきますよん♪

あっ、自立の人はね、依存を嫌っているので自分の依存的な部分を認めづらいかもしれないけど、認めちゃった方がラクだし、進みが早いから、デトックスだと思って見つめてみてね。

「あぁ、こういう場面では私、依存っぽいかも〜〜〜」

気付く事が大事で、ノージャッジよ!

「依存してるなんて、私サイテー!」みたいに、わざわざ自己否定しなくてOK。

一瞬、ほんの一瞬だけ、「それも私」って受け入れてあげて^^

それじゃ、またねん★

ABOUT ME
Friday(フライデー)
Friday(フライデー)
心理カウンセラー
昔の私は、超々々々々々重度の恋愛依存でした。一日中彼の事を考え、彼の言動に一喜一憂し、もう疲れるのなんのって(笑)
それは結婚をしてからも変わらなかったのです・・・

そんな私も心理学のおかげで、依存をマヌッと卒業♪

恋愛依存のしんどさを知っているし、でも、恋愛って本当に素晴らしい!!って思っているから、一人でも多くの人に、“幸せな恋愛”をしてもらいたい&“幸せな結婚生活”を送ってもらいたいのです。そんな想いで、日々カウンセリングをしています。

しんどい恋愛・結婚生活していませんか?
生き辛さを抱えていませんか?

次に幸せになるのはあなたです♪ぜひ、お手伝いさせてください。

●メール・カウンセリング専門家
●1983年生、バツイチ&再婚、子なし、台湾在住

くわしいプロフィールはこちら>>
記事URLをコピーしました