それは、 気質 ~グー・チョキ・パーで最強はどれ?~

それは、 気質 ~グー・チョキ・パーで最強はどれ?~

 

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

はじめましての方は、プロフィール目次もどうぞ

 

 

心理学を学んでいくと、

過去と上手に向き合って、

生きやすくなっていきます。

 

これ、間違っちゃーいないんですが、

もう少し踏み込んで見てみましょう。

それは、 気質 ~グー・チョキ・パーで最強はどれ?~

 

【原因から思考回路を紐解く心理学】

例えば、親が干渉的だったり、

否定的だったり、感情的だった環境で育つと、

確かに自己肯定感が育ちにくく、

自己否定するクセが付いてしまいます。

 

あるいは、学校でイジメに遭うと、

周りの空気を読んで、皆の気持ちを察する、

他人軸バリバリになってしまいます。

 

はたまた性被害に遭って、女性性を否定していると、

女性特有の病気やセックスレス、

不妊などの問題を引き連れてきます。

 

でもね。

 

これらの出来事が、

そもそも“なんで起きたんだろう?”という

見方ができるんです。

 




 

【魅力=短所】

親や、学校の同級生は、

あなたに何かを感じて干渉やいじめをしています。

 

何か、それは人と違う部分ということです。

 

これを優れていると思えば、魅力となり、

『出る杭は打たれる』となります。

 

劣っているとか、付け入りやすいと言えば、

短所となる。

 

事実はフラットでニュートラル。

日本語でいうと“中立”。

そこに、名前を付けるのは人です。




【ポジティブな名前を付けてあげたい】

で、中立なのであれば、

ポジティブな名前を付けてあげたいんだけど、

これが中々難しいんですよねー。

 

私も、苦労したした(笑)

 

面倒な自分。

感情的な自分。

弱い自分。

可愛くない自分。

怒りっぽい自分。

攻撃的な自分。

すぐ自己否定しちゃう自分。

 

そこを紐解けば、過去に原因があるんですが、

それ以前にあるのが、気質

 

その人の生まれ持った性質ですね。

 

遺伝でもなく、育ちでもなく、

元々持っていた“その人らしさ”

 

こんな気質、持ちたくなかった!

って、思います?

 

でもね。

 

あなたには劣っているように見えるものも、

人には輝いて見えたり、助けになったりするもの。

 

それに、嘆いた所で気質は変わらない。

 

気質の活かし方を考えましょ。





【じゃんけんと同じ】

じゃんけんといえば、グー・チョキ・パー。

 

この3つの中で、

どれが最強か、知っている人っています??

 

グーはチョキに勝てるけど、

パーには負ける。

 

チョキはパーに勝てるけど、

グーには負ける。

 

パーはグーには勝てるけど、

チョキには負ける。

 

最強の手なんてない。

 

それに、グー・チョキ・パー、

三人が揃うと、どうなるでしょう。

 

そう、アイコ=対等になるんですね。

 

人も同じ。

 

それぞれ特性は違って、

強みも弱みもあるけど、

最強はいなくて、皆対等。

 

面倒な受け入れがたい自分が出てきても、

そんな自分も、そのままで魅力があるんです^^

 

気質 だから、しゃーない!

 

って、ここだけは開き直って、

“どう活かすか?”と構えると、

ライフワークが見えたり、

彼氏ができたり、

仕事で昇進したり、

人生が自分らしく回り始めますよん。

 





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です