退屈 な 関係

退屈 な 関係 

 

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

はじめましての方は、プロフィール目次もどうぞ

 

 

彼氏とは、毎日連絡したい派のユウコちゃん。

 

そんなユウコちゃんの彼氏のツトムくんは、

マメに連絡を取るのが苦手。

付き合う前、付き合ってすぐは、
我慢をしていたユウコちゃんも
半年も経てば、中々連絡がつかないツトムくんの

ペースにハラハラ&イライラ。

 

勇気を出して、
束縛っぽくならないように気をつけながら、

「毎日連絡して」とお願いしてみました。

 

意外にも「うん、わかった!」と快諾した、

ツトムくん。

 

ホッと安心した、ユウコちゃん。

 

が、しかし。

 

二週間もすれば、また連絡が途切れがちになります。

 

「うん、わかった!」と約束した分、

前よりもイライラしてしまうユウコちゃん。

 

気持ちのいいパートナーシップを築くには、

どうしたらいいのでしょう。

 

退屈 な 関係

 

【ルールは破られるもの】
育ってきた環境の違う二人がお付き合いを始めると、

必ず衝突する場面を迎えます。

 

“まぁ、いっか”と思えるような違いならいいですが、
今回のユウコちゃんのように、
ハラハラ&イライラが溜まってどうにもならないような事は、

相手に自分の要望を伝えてお願いをするとします。

 

愛する彼女のために、了解する彼氏。

 

優しいですねー。

 

優しいんですが、順番を間違えるとルールはすぐ破られます。

 

自分→他人 の自分軸で

彼女の要望を受け入れた場合は、

自分の心も納得しているので行動できます。

 

他人→自分 の他人軸で

彼女の要望を受け入れた場合は、
心が整っていないので、
“マメに連絡したくない”という心が勝って、

今まで通りの行動に戻ってしまいます。

 

 

 

【ルールだらけの関係の向かう先】
ここで、思考が発達した理性的な男性、
自立的な男性であるほど、
ルールを守れるようになるのですが、
二人の間でルールが増えていくと、

どうなるでしょうか?

 

ルールがあることで成り立つパートナーシップでは、

個々人の愛情よりも、ルールが優先されます。

 

そうすると、よかれと思ってやっていたことが、

ルール違反をしてしまったり、
何かやろうとした時に“また怒らせちゃうんじゃないか”と思って、

ためらったりしてしまいます。

 

これって・・・窮屈ですよね(笑)

 

そして窮屈なだけでなく、

ルールが互いの個性よりを消してしまうので、

どんどん 退屈 な 関係 になります。

 

 

【何のためのルールか】

ルールで縛る人の心に必ずあるもの。

 

それは、“恐れ”。

 

前出のユウコちゃんは、

その昔、自然消滅をした彼氏がいました。

 

そのため、連絡がないと

“また自然消滅で別れるんじゃないか”と

恐れがムクムクと顔を出してきます。

 

連絡するのは彼の行動で自分ではコントロールできない為、

ルールを作って約束をしてもらいます。

 

でも、ルールが増えると、

退屈になってしまう。

 

退屈な関係では彼もイヤだろうけど、

自分だってイヤですよね。

 

そう、自分のハラハラやイライラを

解消するために行動したことが、

残念ながら、自分を苦しめてしまうんです

 

 

【まとめ】

退屈な関係。

 

それは、“恐れ”から作られた

ルールだらけのパートナーシップ。

 

ルールを作りたくなった時にできるのは、

“恐れ”を手放すということ。

 

昔の彼を許してあげる。

今の彼を信頼してあげる。

 

もちろん、ハラハラ&イライラしちゃう

自分も許してあげる。

 

だって、彼の事が好きで、

彼と別れたくないからハラハラ&イライラするんですもんね^^

 

ハラハラ&イライラの先にある、

愛と繋がる事で手放しがしやすくなりますよ。