〇〇を手放すと、パートナーとの 喧嘩 が減っていく

〇〇を手放すと、パートナーとの 喧嘩 が減っていく

 

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

 

 

仲は良くて、会ってると楽しいのだけど、

事あるごとに 喧嘩 をしてしまう、

マユさんとトオルくんカップル。

 

結婚も見据えて長く付き合いたいのに、

このままじゃ心配・・・。

 

そんなカップルさんには、

パートナーとの喧嘩が減っていく

〇〇を手放すことをご提案ー。

〇〇を手放すと、パートナーとの 喧嘩 が減っていく

【こいつを手放すのだ!】

 

手放した方がいい〇〇というのは

ずばり、競争!

 

本来味方のはずのパートナーとの関係に

勝ち負けの世界を持ち込んでいるんですねー。

 

競争っていうのは、こんな状態。

 

・彼に間違いを指摘されると、イラっとして言い返してしまう

・彼が自分より昇進したり、高収入だと悔しい

・彼の方が友達が多いようで、自分が恥ずかしい

・私の職業を知った途端、音信不通にされた

・友達の方が先に結婚して惨めな気持ちになった

・SNSで幸せそうな投稿を見ると、ムカムカする

 

んー、思い当たる節ありますか?

 

と言われて嫌な気持ちになったのであれば、

競争の世界の住人の可能性あり、です(笑)




 

【This is 背景】

 

競争の世界に住むことになった背景は、

「外面のいい彼氏」と似てますー。

 

☆関連記事:外面がいい彼氏の心理~寂しい彼らのこころ~☆

 

家庭から出発して、友達、学校、職場で、

自分より上の人か、下の人の二種類しかいなかったんですね。

 

で、「競争」の場合はさらに、

“勝つ”こと、人より上に立つ事に執着します。

 

資本主義とか、受験戦争とか、

常に勝ち負けの意識で育ってきた分だけ、

パートナーシップにも「競争」を持ち込んでしまいます。

 

パートナーは自分と同じ心理的距離感にありますから、

味方であるはずのパートナーから勝負を挑まれ続けるというのは。

競争はお互いを疲弊させ、消耗させていく一方。

 

自分に勝つって、同時に

負けるって事ですからね。

 

勝てば勝つほど、負けていく。

永遠に満たされないやり方。




 

【手放すには、どうしたらいいの?】

 

競争は、勝負をしないと上に立てないと思っている

自己否定や自信のなさから来るので、

いつも通り自己肯定感も有効^^

 

>>>自己肯定感を育むメール・カウンセリング<<<

 

自己肯定感が高まると、

これができるようになります。

 

「負けを認める」

 

これが、なかなか難しい(笑)

 

ずーーっと、勝つか負けるかの競争世界で生きてきましたからね。

 

負けを認める=死、くらいの抵抗感があるはず。

屈辱的で、怒りも湧くかもしれない。

 

でもね。

 

負けを認めるというのは、そうではなくて、

競争を降りるという事なんです。

 

ステージに上がらない。

 

その先には、こんな関係が待っています。

 

・喧嘩せずに、お互いの違いを認められる

・彼の短所が長所に見えてくる

・彼と対等な関係を築いていける

・自分や相手の望みだけではなくて、二人にとって最善の選択ができる

・彼を信じられるようになる

・気楽で穏やかな日々になっていく

・自分の弱さも受け入れられるようになっていく





【まとめ】

 

パートナーとの喧嘩を減らすために、

手放した方がいい「競争」についてお話しましたー。

 

なかなか長年浸み込んだ習慣を手放すのは、

難しいですけどね。

 

負けを認める事は、

Win-Winの関係の相互依存へ続く道。

 

少しずつ、少しずつですな( ˘ω˘ )

 

☆関連記事:共依存と相互依存の大きな違い~幸せなパートナーシップ~☆