1ヶ月で鬱になった新婚夫婦~そして、離婚~

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

はじめましての方は、目次もどうぞ

 

 

ある日、恵比寿の街を歩いていると、

急に呼び止められました。

 

呼ばれた方を見ると、1年半ほど会っていない

男友達にバッタリ出くわしたのです。

 

友:「よう、フライデー!」

私:「わっ、ビックリした。久しぶりー」

友:「ほんと、久しぶりだな」

私:「そういえば、結婚したんだって?」

 

共通の友人から、彼が10ヶ月程前に結婚したと

聞いていたのを思い出したんです。

 

友:「お前、それ嫌味で言ってんの(苦笑)」

私:「えっ、どういう・・・」

友:「もう離婚したよ」

私:「ええぇぇぇーーー!!」

 

 

ビックリ、ビックリ。

 

友達伝いで聞いたタイムラグがあったとしても、

彼が結婚してから、まだ1年も経ってないはず。

 

その時、彼は38歳。

 

若さ故の勢いで結婚したというわけでもないし、

どうして・・・?と不思議でした。

 

まぁ、ちょっと酒でも、と言って

その辺のお店に連れ込み話を聞くと、

一緒に住んで1ヶ月程で彼も奥さんも

うつ状態になってしまったらしい。

 

同席した別の友人によると、

「二人ともいい人なんだけどね」

との事。

 

この言葉で、ピンときました。




【いい人同士が陥る落とし穴】

 

いい人という言葉には色んな意味があるでしょうが、

いい人=嫌われない、誰からも好かれる人、だとすると、

ちょっと要注意。

 

自然とそうなっている人はいいですが、

自己肯定感が極端に低く、

周りに合わせ過ぎている場合は心に負担がかかってしまいます。

 

自己肯定感が低い人同士が一緒に住むと、どうなるか。

 

まずは、働き方。

 

昨今は共働きも方働きも選べる時代になりました。

(男性が家に入るのは、まだメジャーではないですね。そういえば)

 

本当は働きたくないのに、旦那さんの希望で働く奥さん。

本当は働きたいのに、旦那さんの希望で仕事を辞める奥さん。

女性目線になってしまいましたが、逆も然りです。

 

続いて、家事の分担。

 

これは、育った家の文化が色濃く出ます。

 

箸一本片付けないでお母さんがやる家もあれば、

片付けどころか、料理を作るお父さんもいる。

 

それぞれの環境で育った上で、自分の希望がある。

 

でも、言えない。

 

言わなければ相手に伝わらず、

言われない方は相手が満足していると思い、

日々が過ぎていく。

 

けれど、自分の中でどんどん負担が溜まっていく。

行き場のない不満は、自分の心を攻撃してしまい、

うつ状態になる。

 

仕事や家事だけでなく、

プライベートな時間や空間の作り方も

人それぞれですよね。

 

兄弟のいる家や

おじいちゃん、おばあちゃんの家で育った人は、

物や空間を共有するのに慣れているし、心地良いかもしれない。

 

逆に一人っ子だったり、人の少ない家で育った人は、

自分のものや空間が明確で、一緒に住んでも

一人の方が心地良いかもしれない。

 

これ、どちらが正しいとか、どちらが良いって話じゃないんです。

 

二人にとって、心地良い家ってなんだろう?

 

この視点がとても大事。




【二人にとって心地良い家って?】

 

フライデー流・心地良い家の作り方は、こちら。

 

~二人で完成させる心地良い暮らし方~

<1>

“私の取扱説明書”で、

自分はこういう暮らし方がいいなと知る

<2>

自己肯定感で、

そんな自分を受け入れる

<3>

“彼の取扱説明書”を聞いて、

彼にとって、心地良い暮らし方を知る

<4>

“私たちの取扱説明書”を作っていく

 

自分→相手→二人の順。

自己肯定感が低い人は、順番がめちゃくちゃ。

 

相手→二人→自分になっちゃう。

ひどい時には、自分なんてない。

相手がよければいい、って思考。

 

うんうん、分かります。

経験済みだから(笑)

 

けどそうすると、無視された自分が拗ねて、

いずれ不満が爆発して八つ当たりしたり、

嫌われるんじゃないかって毎日ビクビクしたり、

自分の心が喜ぶ暮らし=幸せから遠ざかってしまいます。

 

感情は蓋をしても、なくなりません。

 

いずれ溢れてきたり、違う形で表出したり、

その場合は、あまりいい出方をしないんですね。

 

相手を優先して自分を認めてもらおうとして、

結局、自分で自分を傷つける結果に。

 

そうならないためにも、

やっぱり自己肯定感と“私の取扱説明書”です(笑)

 

☆関連記事:自己肯定感って、どうやったら上がるの?☆

 

どんな時も、まずは自分を大切に。^_^

 

自分を大切にする事と、我儘になるのは違いますからね。

自己肯定感が上がっても、嫌われないから、大丈夫。

 

 

★心が楽になるメール・カウンセリング★

記事リクエスト・無料相談

ツイッター@fridayship

メルマガ