感謝しよう!・・・としなくていい~感謝するよりも大事なこと~

-現在、ロシアのハバロフスク&ウラジオストックへ新婚旅行中のため、

今回は予約投稿となります-

※Twitterにて、ロシア旅行中の写真公開中!

 

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー)です。

 

感謝しましょう。

感謝しましょう。

 

 

親に、感謝しましょう。

周りの友人や先輩に、感謝しましょう。

恵まれている環境に、感謝しましょう。

生きている事に、感謝しましょう。

 

すると、良い循環ができて、

いつか自分に返ってきます。

 

ふむふむ、なるほど。

 

感謝するように心がければ、

この苦しみから逃れられるのだな。

人から好かれるのだな。

よし、感謝しよう!

 

と、しなくていいんです。

 

感謝しましょう、と言っている人の気持ちは分かります。

感謝は、するのもされるのも、気持ちがいいものです。

イライラしたり、穿った見方をするよりも、

ありがたいなとプラスに受け止めて、

感謝の言葉を口にする方が快いです。

 

ただこれ、順番が逆になると自己否定になってしまうので、ご注意。

 

感謝しなきゃ→感謝しよう=感謝できない自分ではダメだ、というわけですね。

 

いい人程、この罠に嵌ってしまいます。

 

 

“感謝する”という行動が先ではなく、

“感謝したい”という気持ちが先です。

ここ、とても重要。

 

では、どうしたら感謝したいと思えるのか。

 

それは・・・自己肯定感なんですよねー(笑)

またか、なんですが、

やっぱり、自己肯定感なんです!(開き直り・笑)

 

☆関連記事:自己肯定感って、どうやったら上がるの?☆

 

感謝しなきゃ、と思わなくても、

自己肯定感が上げれば、自然と感謝したいと思うようになります。

なぜなら、人からの愛を受け取れるようになるからなんですよね。

 

「キレイですね」「なんて、優しい人なんだ」

「頭がいいって思いました」などなど言われた時、

 

その言葉を受け取れていますか?

「いえいえいえいえ!」と、首をブンブン横に振ってませんか?

 

自分よりキレイな人がいるし!

自分より優しい人がいるし!

自分より頭がいい人がいるし!って、

相手の言葉の証明に走らなくていいんです。

 

ニッコリ笑って、「ありがとう」と受け取っておけばいいんです。

 

えっ、嫌われる?なんで?

 

「キレイですね」と言って、「ありがとう」と言われて、

嫌う人は、あなたの事をキレイだなんて思ってないんですよ。

だって、相手の言葉を肯定しているのに、

嫌な気分になるというのは、本当はそう思っていないのに、

否定して欲しかったのに肯定されてしまったから。

 

始めから嫌われている人を気にかけるより、

自分を好いてくれている人の愛を受け取って、

もっともっと仲良く、楽しく、自分らしく生きちゃいましょう。

 

全ての人に好かれるのは、ムリですからね。

そこは諦める。受け入れる。

 

キレイかどうか、不確かなものにすがるのではなく、

「キレイですね」と目の前の人が言ってくれたという事実。

そしてその言葉が私は嬉しかったという事実。

その確かなものを繋げていきましょう。

 

☆関連記事:確かな事を繋げていく~自信の作り方~・前編☆

 

感謝よりも大事なこと。

 

それは、感謝できない自分を否定しないこと。

 

感謝したい気持ちは、後から自然と付いてくるから大丈夫。

 

———————————————————

【今日のワーク】

一日5個、周りから言われた褒め言葉に、

ニッコリ笑って「ありがとう」と応えましょう。

褒め言葉かどうかのハードルは、低めにね。

はじめは、心の中でだけでもOKです。