なんで 人 と ぶつかる の!?と思ったら、自分の中で対立してた

なんで 人 と ぶつかる の!?と思ったら、自分の中で対立してた

 

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

 

今日は朝から、盛大におっととやり合いましてね(笑)

 

テーマは、親戚との食事会!

皆さんのご家庭でも話題になりますでしょうか~。

 

なんで 人 と ぶつかる の!?と思ったら、自分の中で対立してた

 

今回、我が家で話になった食事会は、

定期的にあるものではなくて、スポット的な会。

 

始めにおっとから話があったのは二週間ほど前。

瞬間的に二つの想いがよぎりました。

 

“行きたくない”と“行けるかも”。

 

基本的に私は、

人と会う=100%楽しいというタイプではないです。

 

楽しい人もいるし、楽しくない人もいる。

相手に寄らず、時と場合にも寄りますしね。

 

だから、人と合う話は相手が誰であろうと

ちょっと構えます。

 

特に過去の経緯から、おっとの親戚とは

楽しい会にならない可能性がありました。

 

でも、行ってしまえば“心配は杞憂で楽しかった♪”

なんてパターンもたくさんあるんですよ。

 

だから、“行けるかも”の方を信じて「行く」と伝えていました。

 

 

ところが日が経つ内に、段々と私にとって

憂鬱になる要素が増えていきます。

 

参加する人が増えたり、昼間だったのが夜になったり、

会の時間自体も長くなったり。

 

おっとは親戚に会うのが手放しで嬉しいですから、

その変更は“些細な事”なんですね。

 

もちろんおっとに悪気があるとは思ってないし、責めたくもない。

 

でも、ここでムクムクと顔を出すあいつ(笑)

 

そう、「他人軸」くんですー!

 

“なんで、勝手に変更するんだろう”

“なんで、最初の時点で断ってくれなかったんだろう”

 

それから、どんどん悪い想像をしてしまう。

 

“行って、「また嫁としてふさわしくない」とか言われたら、どうしよう”

“おっとがあちら側に付いたら、どうしよう”

“あまりに腹が立ったら、途中で帰っていいのかな”

 

もう、想像力が豊か豊か(笑)

 

それで、「行く」と「行かない」の間をフラフラして、

おっとにも伝えてしまいます。

 

「あの人は、こういう事言わないかな?」

「こうなったら、おっと君はどうするの?」

 

・・・知らんがな(笑)

 

こんな言い方されたら、誰だっていい気しないですよね。

おっとにとって大事な親戚を疑うわけですから。

 

当然、そうなると対立!

 

今回の話だけでなく、他の話までぶり返しちゃって、

さぁ大変(*_*)

 

最終的に、「行く」という事に私が決めて落ち着いて、

また不安がぶり返して揉めて、

「行く」と言って・・・を何回か繰り返しました。

 

おっとはね、「行かなくていい」と言ってくれるのに、

なぜか私が「行く」と言って引かない、妙な構図。

 

 

で、今朝。

 

また「行く」「行かない」。

 

話が途中のまま、家を出てしまったので、

心の整理のために「行きたい理由」と「行きたくない理由」を書いたんですよ。

携帯に。

 

「行きたくない理由」は簡単でした。

 

怖い、の一言。

 

もちろん「また心無いこと言われるかも知れないから」

「話を合わせて心が苦しくなってしまうから」っていう、

「○○だから」という冠は付いていて、種類はいくつかありますが、

行き着く先は一つ。

 

怖い。

 

あー、自分も随分変わったなぁって思いました。

 

昔は、この気持ちに辿り着くのが本当に下手でした。

「○○だから」に目がいって、感情が見えない。

 

怖いと思う正当な理由ばかり探していました。

 

それがないと、怖いと思っちゃいけないって。

他人から責められると思ってね。

 

 

それから、「行きたい理由」。

 

並べてみたら、これがまぁ見事に人の事ばかり(笑)

 

「おっと君の希望を叶えてあげたい」

「おっと君の親戚だから会ってあげたい」

「相手(親戚)の気持ちを無下にしたくない」

「大丈夫だったという経験を積むチャンス」

 

最後は、ちょっと自分に向いたかな。

 

書いてる途中で、

“こりゃ、ムリだ。行けない”って気付きました。

 

自分が行きたくないって思って、

他人が行かなきゃって思ってたんだ。

 

つまり、自分の頭と心が対立していたんですね。

 

☆関連記事:心のブレーキ(頭)とアクセル(感情)の使い方☆

 

それでずっとモヤモヤ。

 

そして、それに気付かせるために

『おっとと対立』という現実を引き起こしていたんです。

 

あー、気付いてよかった。

 

そうやって、携帯を使って自分と向き合っている中、

おっとから連絡が入ります。

 

「断っておいたよー。相手は明るく返事が来たー。迷惑掛けて、すみません」

なんという、タイミング(笑)

 

と同時にね、湧き上がる罪悪感。

 

“最初から断っておけば、おっととも揉めなかったのに、

いい人になろうとして他人軸になってさ。

おっとに謝らせて満足??

あんだけ自己肯定感!自己肯定感!って言ってて、

自分でできてなきゃ説得力ないよね”

 

おー、さすが自分イジメの天才♪

 

ところが今は、カウンセラーになっているんで、

セルフ・カウンセリングができるんです。

 

上記の事が頭を巡り始めても、

 

“まぁ、しゃーないよね。過去にあんな事があったんだから、怖いよ。

てか、ホントいい人だよね。

自分を犠牲にしてまで、頑張ろうとしたんだから。

さらに、罪悪感まで作っちゃって。ドMちゃん(笑)

 

おっと君が謝ると思ってなかったから、

キツい言葉も使っちゃったね。あの時は仕方なかったよ。

これから、たっぷり愛を送ろう。

 

自己肯定感、できない場面もあるよねぇ。

でも、今までより全然できてるよね。

立ち直りも早いし。

何より、ブログのネタができてよかったじゃない(笑)”

 

って。

 

自分で自分と対話して、一つずつ感情と自分を肯定していきます。

 

すると、“そうねー、しょうがないか。それが、私だもんなぁ”という所まで、

感覚レベルで思えます。

 

いつもの通り、順番を間違えないでね。

 

感覚や感情が先。

 

“それが私って思わなきゃ”ってならなくて、大丈夫。

 

「それが私」って言葉がしっくり来ない時は、

まだ見つけられていない感情が拗ねているんでしょう。

 

探して、見つけて、対話、肯定、受け入れる。

 

 

こうした作業が、始めは一人では難しいです。

誰かのサポートが必要。

 

今まで生きてきた経験があるので、

思い込みが邪魔してしまうんですねー。

 

そこを、他の人を使って違う視点を持ってみる。

 

それが、カウンセリングでできることです。

 

あっ、今日は完全にステマ記事になってしまった(笑)

 

カウンセリングでは、こんな事をやりますよ⇒

心が楽になるメール・カウンセリングのご案内