姑問題の解決法~心のお姑さんにサヨナラする方法~

・ほら、部屋の隅が汚れてるわよ
・あらっ、太った?
・外食ばっかりじゃない。栄養のある手作りのものを食べないと

イヤですよねー。
お姑さんからのお小言。

でもね、これ・・・実は本当のお姑さんの事じゃなくて、
自分で自分に言っているセリフ。
あなたの“心の中に”姑さんがいませんか?って話なんです。

(本当の嫁姑問題のお話かと思った方、ごめんなさい。
でも、大事な話なのでよかったら読んでいってください)

お仕事ガンバって、夜遅くに家に帰ってきて、
散らかった部屋を見て、
「部屋が汚い」って自分にダメ出ししていませんか。

鏡を見る度に、
「太った」、「シワができた」、「可愛くない」
って自分をいじめていませんか。

コンビニ通いが日課になって、
しばらく自分で料理を作っていないと、
罪悪感が生まれていませんか。

起こる出来事はフラット。
自分が、そこに意味付けをしていきます。

部屋が汚い=ダメな自分、ではないんです。
太った=ダメな自分、ではないんです。
毎日コンビニ飯=ダメな自分、ではないんです。

私が、私の中の姑さんが、
そうした自分を許せなくてダメ出しをしているんです。

どMさんならいいけれど、そうじゃないですよね(笑)

そうして、わざわざ自分を責めて、
自己肯定感を下げる癖を手放していきましょう。

☆関連記事:自己肯定感って、どうやったら上がるの?☆

さてさて、ではどうやって手放すか。
本日のワークは、こちら。

自分の短所や欠点、ダメだなぁと思っている所を
書き出してください。

数は、そうだなぁ。30個。




書けましたか?

そうしたら、欠点を口に出して読んで、
その後に「それが私だからいいじゃん」と続けて読みましょう。
必ず、口に出してね。

例えば、「いつも部屋が汚い」が欠点だとしたら、
その後に「けど、それが私だからいいじゃん」てね。
⇒「いつも部屋が汚いけど、それが私だからいいじゃん」

口に出すと、不思議とすーーっとしていきます。

ちなみに私が書いた欠点は、こちら。

・酒を飲み過ぎ
・見栄を張る
・怖がり
・ナマケモノ
・人を責める
・ケチ
・体型
・人に好かれようとして、自分を偽る
・飽きっぽい
・依存体質
・人や物事の粗探しをする

あぁー、イタタタタ。

確かに、そんな部分があります。
欠点ともいえる。
でも、欠点は直さなくていいんです。
裏側に長所があるから。
そして、欠点は人からの愛されポイントになるから。

それが私。
何度もつぶやいて、心のお姑さんにサヨナラしましょう。

————————————
【今日のワーク】
・自分の短所や欠点、ダメだなぁと思っている所を
30個、書き出す。
・欠点を口に出して読み、
その後に「それが私だからいいじゃん」と続けて読む。
必ず、口に出して読もう。

例えば、「いつも部屋が汚い」が欠点だとしたら、
その後に「けど、それが私だからいいじゃん」てね。
⇒「いつも部屋が汚いけど、それが私だからいいじゃん」