怒り 、 悲しみ 、 苦しみ に許可を

怒り 、 悲しみ 、 苦しみ に許可を

 

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

はじめましての方は、プロフィール目次もどうぞ

 

 

カウンセリングをしていると、

よくこんな言葉を耳にします。

 

「これくらいの事で、怒っちゃいけないと思って」

「いつまでも悲しんでいられないから、早く立ち直らないと」

「だいぶ苦しみが軽くなったんですが、

まだ前向きで明るくなれません」

 

怒っちゃいけない、

悲しんじゃいけない、

苦しんじゃいけない。

 

そんな風に聞こえます。

 

怒ってる時の激しい感情、

悲しんでる時の絶望的な気分、

苦しい時の胸のモヤモヤ。

 

その感覚から早く逃れたいというのは、

よーーく分かります。

 

でもそれは、否定する事ではなくならないんですねー。

 

今日は、そんなお話。

 

怒り 、 悲しみ 、 苦しみ に許可を

 

【感情はあくびと同じ】

 

基本的な話は、こちらの記事↓と同じ。

 

☆関連記事:悲しみから早く抜け出す方法☆

 

・感情は天気と同じでコントロールできない

・悲しみは感じきると早く抜けられる

・自分で解消できると知る

・悲しみは自分らしさを教えてくれる

 

感情は自然発生するものでコントロールできないけど、

自分で解消できるんですねー。

 

心が「腹立つ!」「悲しい!」「苦しい!」と言ってるのに、

頭で否定すると、心と頭が喧嘩して余計ひどくなってしまいます。





【怒り、悲しみ、苦しみをなくすデメリット】

 

怒り、悲しみ、苦しみをなくそうとすると、

デメリットもあるんです。

 

それは、他の感情も感じにくくなってしまうという事。

 

感情は、それぞれに蓋があるわけではなくて、

同じ壺の中に入っているんですねー。

 

なので、“もう悲しみたくない!”って悲しみに蓋をすると、

他の「楽しい」とか「嬉しい」とか

そういう“感じたい感情”も感じられなくなってしまいます。

 

 

怒りや悲しみや苦しみがない代わりに、

喜びも楽しみもない。

 

世界が灰色に見えて、

何をしても楽しくない、

何を食べても美味しくない、

優しくされても喜べない・・・そんな状態ですね。





【感情の蓋を開けるには?】

 

じゃあ、その一緒くたになった

感情の蓋を開けるには、どうしたらいいんだろう。

 

その1、怒る、悲しむ、苦しむ

 

怒って、悲しんで、苦しみましょう!

・・・って、

もちろん無理して怒れー!って

話じゃないですよ(笑)

 

怒りや悲しみを、他人にぶちまけろという話でもない。

 

怒りも悲しみも苦しみも、

自然と湧くもの。

 

その湧いてきた時に、

“いなくなれ!”って否定するんじゃなくて、

自分に感じる許可をする。

 

怒ってもいい許可。

悲しんでもいい許可。

苦しんでもいい許可。

 

“怒ってもいいんだよ”

“悲しんでもいいんだよ”

“苦しんでもいいんだよ”

 

感じて、存在を認めてあげれば、

彼らは自然といなくなります。

 

人に八つ当たりしたり、悲劇のヒロインになる必要もない。

 

感情に振り回されずに、自分の行動を選べるようになるんですねー。

 

ここで、もし許可するのに抵抗感があるとしたら、

向き合う傷が残っているのかもしれません。

 

お父さんが怒りんぼだったとか、

お母さんがいつも悲しんでいたとか、

家族や学校や会社で苦しむ事が美徳とされたとか。

 

傷に出会ったら、そちらを癒していきましょ。

 

カウンセリングを利用するのもいいですぞ(ボソッ・笑)

 

>>>傷を癒すメール・カウンセリング<<<




その2、好きな事をやる

 

怒り、悲しみ、苦しみへの許可と

並行してやると効果的なのが、

好きな事をやるという事。

 

いやー、分かりますよ。

 

こんな沈んだ気持ちの時に、

何やったって楽しくないんだよーーー!

というのは。

 

でもね。

 

好きな事をやりましょうというのは、

悲しみで閉じそうな蓋を開いてあげる狙いがあります。

 

防衛反応で、つい閉じようとした蓋の中の

他の感情を利用して蓋を開けてあげる。

 

 

悲しみや苦しみが溢れそうで、怖い?

 

大丈夫。

 

「嬉しい!」とか「楽しい!」という感情は、

とってもエネルギッシュ。

 

悲しみや苦しみも包んでくれます。





【まとめ】

 

苦しい時は、その感情を否定して、なくそうとしがち。

 

だけど、それも大切な自分の一部なんですね。

 

怒り 、 悲しみ 、 苦しみ に許可をあげて、

彼らの声に耳を傾けてみましょう。

 

“なんで怒ってるの?”

“なんで悲しんでるの?”

“なんで苦しんでるの?”

 

必ず、自分らしさを教えてくれます。

 

この記事も参考になるかな、と。

 

☆関連記事:その「苦しみ」が原動力☆

 

悲しみが多いほど、

喜びも大きいから。

 

苦しみが大きいほど、

嬉しさもたくさんあるから。

 

怒りや悲しみや苦しみと共に生きる、勇気を。

 

☆関連記事:パンドラの箱のお話~勇気を出すためのヒント~☆

 

 

本日のBGM:ASIAN KUNG-FU GENERATION/マイクロフォン

 

 

★心が楽になるメール・カウンセリング★

記事リクエスト・無料相談

ツイッター@fridayship

メルマガ

 





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です