「 問題 は 自分 が作っている」件について

「 問題 は 自分 が作っている」件について

 

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

はじめましての方は、プロフィール目次もどうぞ

 

 

問題 は 自分 が作ってる。

問題は自作自演。

自分で問題作ってドMか(笑)

 

なーんて、心理学に足を踏み入れた人は

よく耳にすると思います。

 

あっ、知らない?

今日初めて聞いた(笑)?

 

これ、気付くと加速度的に自己肯定感が高まるんですが、

“そー言われても分からんわ!”って

なかなか飲み込みにくいんですねー。

 

今は分からなくてもいいので、

頭の隅にでも置いておいて貰えると、

いつか、”あぁ!なるほど!!”となるので、

お話していきまするー。

「 問題 は 自分 が作っている」件について

【「引き寄せている」とは違うんだ】

 

「問題は自分が作ってる」と聞くと、

ちょっと混同しがちなのが、

”問題を自分で引き寄せている”という解釈。

 

因果応報、的な。

 

これは、似て非なるものなので、

別物としてくださいね。

 

引き寄せるというよりも、

問題だと認識してるのは自分だよねって話。

 

例えば、彼氏が借金してるのが発覚したとして、

問題かどうか。

 

ミキちゃんは彼と結婚したいと思っていて、

ただ自分は貯金もあまりなく、

”どうしよう…”と頭を抱えるばかり。

 

一方ミナちゃんは、新しくジムで出会った

2歳年上の男性といい雰囲気になってて、

乗り換えたいけど4年も付き合って情もあるし、

自分から言うのも…と悩んでいた所だったから、

借金発覚は罪悪感なしに別れを切り出すナイスなアシストに♪

 

えっ、極端(笑)?

 

いえいえ、本質はここです。

 

出来事は中立。

 

問題と認識しているのは、

そうしたい自分なんです。

 

☆関連記事:毒にも、薬にもなる~情報もまた中立~☆

 

かといって、“問題だと思っている自分がいけないんだ”って、

自己責めしないでくださいね。

 

それは、大事な自分の個性。




 

【問題が問題になる瞬間】

 

問題が問題になる瞬間に、

何が起こっているかというと

そう、他人軸くん発動(笑)

 

先程の例でいくと、

ミキちゃんにとって借金発覚が問題になるのは、

それによって自分の幸せが振り回されるから、なんですねー。

 

”どうしよう・・・

自分には何も出来ない・・・

でもこのままでは不幸になる・・・”

 

自分軸ができていると、

色んなやり方が思い付きます。

 

彼の借金計画を見直す、

彼と一緒に借金を返す、

彼にお金を貸す、

別れる、

彼のケツを叩いてさっさと返させる、

返済するまで会わない 等々。

 

”どれが自分にとって幸せな選択肢か?”

という視点で考えて、選ぶ事ができます。

 

正解はないんですね。

 

「彼の借金なんだから、自分で返させなよー」

って友達に言われても、

「いやー、なんか私がそうしたくてさ」

って笑って言えたら、

それが自分の幸せで大正解。

 

「そうしないと彼と一緒にいられないから・・・」

って、”恐れ”から彼の借金を背負うのは他人軸で、

幸せを遠ざけちゃうんですねー。




 

*

【まとめ】

 

問題は自分が作ってる。

 

そのカラクリには、

毎度おなじみ、他人軸くんが関係してるんですねー。

 

自分の幸せを他人に委ねてしまうと、

ただ”どうしよう”とオロオロして、

状況がよくなるのを待つしかできなくて、不安なもの。

 

問題を問題にしないために、

”どれが自分にとって幸せな選択肢か?”

考えられるよう、

自己肯定感を育てていきたいものですねー。

 

>>>自己肯定感を育むメール・カウンセリング<<<

 

問題が自分の手のひらに来たら、

あとは煮るなり、焼くなり、揚げるなり(笑)、

好きにできちゃうから。

 

どんな台本になるかは、あなた次第。

自由に、自分の幸せの台本を書いていきましょ^^

 

書き方が分からない時には、ね。

プロ(カウンセラー)の手を借りるって方法も(コソッ・笑)

 

 

本日のBGM:GARNET CROW/flying

 





—————————————————————————————–