共依存 の分かれ道~ いつも 共依存関係になってしまうあなたへ~

共依存 の分かれ道~ いつも 共依存関係になってしまうあなたへ~

 

こんにちは。

恋愛・心理カウンセラーのFriday(フライデー/@fridayship)です。

はじめましての方は、プロフィール目次もどうぞ

 

 

こちらの記事↓が人気なので、今日は「共依存」の

もっと具体的なお話をしてみようかなーと(^_-)

 

☆関連記事:共依存と相互依存の大きな違い~幸せなパートナーシップ~☆

 

「共依存」というのは恋人関係はもちろん、

夫婦、親子、友達、仕事関係。

 

あらゆる人間関係で見られます。

 

“共”という言葉が表す通り、

自分も相手も、互いに依存している状態、ですね。

 

モラハラなんかも、この範疇に入ります。

 

自分の事よりも、相手の事を優先してしまう。

 

「彼に嫌われないか」、「彼に怒られないか」、「彼が何しているか」、

いつも、いつも気になって不安になってしまいます。

 

彼に振り回されている状態。

 

☆関連記事:彼に振り回されてるんじゃない~あなたを振り回すのは?~☆

 

でも、ふと立ち止まって考えてみると、

相手の事を考えるのって人間関係の基本ですよねー。

 

ホームパーティーをする時に、

皆の嫌いなものは何だろう?って考えたり、

デートの約束をする時に、

相手の家はどこだっけ?って考えたり。

 

これらは、「思いやり」と呼ばれて

人間関係を潤滑にしてくれる役割を担います。

 

じゃあ、その「共依存」と「思いやり」の分かれ道って、

ドコなんだろう?

 

今日は、そこんとこ見ていきませう。

 

分かれ道を知っていれば、

いつも 共依存 になっちゃうあなたも、

その才能を活かしつつ、

思いやりの方へ舵を切れるようになりますよん。

共依存 の分かれ道~ いつも 共依存関係になってしまうあなたへ~

【パンツ? or スカート?】

 

例えばの話。

 

あなたが服を買いに行く所を、ちょっと想像してみてください。

 

ざっとお店のラインナップを目にして、

お洒落なパンツ(ズボンの方ね・笑)を発見!

 

色の感じとか、記事の素材とか、

体形カバーしつつダボっとしないで、スタイル良く見せてくれるとことか、

も~~~もろ好み♡

 

でも・・・実は、彼はパンツ反対派。

 

女性はスカート!スカート!の人”(-“”-)”

 

ふと横を見れば、お洒落なスカートも置いてある。

 

そんな時の心理。

 

パンツを買って履いて行けば、

彼は間違いなく「ブーブー」言います。

 

スカートにすれば、「いいねー♪」と褒めてくれるかも。

 

ここで、「共依存」の人は、

パンツを選ぶ事に恐怖すら覚えてしまいます。

 

パンツを買ったら嫌われる、

パンツを買ったら否定される、

パンツを買ったら罵倒される、

パンツを買ったら・・・殴られる?

 

だから、スカートを選んでしまいます。

 

一方、「思いやり」の人は、

パンツもいいなと思ったけど、

スカートを買ったら彼を喜ばせられるかも♪と、

ウキウキした気持ちでスカートを選びます。

 

・・・まあ、パンツもスカートも買うかもだけど(笑)




【スカートを買うのは同じ、でも?】

 

同じスカートを買う「結果」になっても、

そこで働く心理が全然違うんですねー。

 

<共依存の人> これをやったら嫌われる

<思いやりの人> これをやったら喜ばせられる

 

文章を見てもらっても分かるんですが、

共依存は嫌“われる”という受け身。

 

思いやりは、喜“ばせられる”という能動的。

 

と・い・う・事・は、

ここでも登場するんですねー。

 

他人軸くん!!

 

☆関連記事:他人軸 が苦しいワケを、改めてお伝えしたい☆

☆関連記事:他人軸 からの解放~玉ねぎの皮を一枚一枚剥がすように~☆

 

受け身の「共依存」は、“他人”が主人公の他人軸。

 

能動的な「思いやり」は、“自分”が主人公の自分軸なわけです。

 

だから、「共依存」は苦しいんですねー。

 

相手次第で、自分の幸せが決まってしまうんです。

 

「思いやり」は相手の事を考えた結果、

“自分がやりたいからやる”ので、

相手の言動には左右されずに、自分の幸せを選べます^^




【他人軸の自己中】

 

共依存の人は相手の事を思いつつ、

実は自分のため“だけ”に行動しています。

 

☆関連記事:自分軸で生きるって、自己中って事でしょ??☆

 

さっきのスカートの例で見てみましょう。

 

彼に嫌われないようにパンツを買うという行動は、

一見、彼を思って、彼の事を考えて行動するように見えて、

実は彼の愛を“奪う”目的があるんですねー。

 

彼に嫌われないようにパンツを買う=(イコール)

スカートを買うから私を愛して

 

という構図になります。

 

<共依存>これをやったら嫌われる →怖れ(奪う)

<思いやり>これをやったら喜ばせられる →愛(与える)

 

“奪う”行為が果たされない話については、

こちらの記事↓で詳しく書いていますが、

まあ、奪いに来た泥棒さんに「どうぞ、どうぞ」って

渡す人はなかなかいませんよね(笑)

 

☆関連記事:愛されたいのに愛されないのは、なぜ?☆

 

むしろ、防犯を強固にしようとするものです。

 

「思いやり」の方は、これをやったら喜ばせられるかな?という、

“与える”行為ですから、相手は受け取りやすく、

自分がやりたい事をしているので、自分も満たされます。

 

ただ、ここで注意が必要なのは、

彼が喜ぶかどうかは、彼の領域の話なので、

与えたからって、必ずしも受け取ってもらえるかは分かりません。

 

それは、彼の自由。

 

だから、“やりたい事をやる”という

自分軸の基本が重要になるんですねー。

 

これは奪う行為なのか、与える行為なのか分からなかったら、

カウンセリング↓↓でじゃんじゃん聞いてくださーい^^

 

>>>奪う行為と与える行為の違いを学ぶメール・カウンセリング<<<




【まとめ】

 

今日は、『共依存の分かれ道』のお話をお届けしましたー。

 

共依存の人が抜け出しにくいのは、

嫌われる怖れ、一人になる怖れがあるからなんだけど、

実は嫌われないように行動し続けても、

その先に幸せなパートナーシップはないのよー、

というお話。

 

“奪う”のと、“与える”では、

同じ行為をしていても、ぜーんぜん気分が違うのでね。

 

自分がやりたい事を、やる。

 

自己肯定感を高めて、自分軸で生きる。

 

それが、結果的に相手のためにもなるという図式を

自分にインストールしてあげて。

 

今までは、相手に従う事を由とされる環境にいたかもしれないけど、

もう抜け出していいんだよ。

 

愛し、愛される世界で生きていこう。

 

そうそう。

 

共依存の人は、自信があまり持てないでいると思うのだけど、

すごい才能を持っているんです。

 

それは、察する能力

 

相手が何も言わなくても、

 

「あ、こういうのは嫌なんだ」

「今、ちょっとイライラしてるっぽいなぁ」

「忙しいから放っておいてほしいのか」

「私に、こう言ってって顔してるなぁ」

 

なんて事が、自然と分かっちゃう。

 

それは、すごい才能だから。

 

そんなすごい才能を、

自分の幸せのために、

愛し愛されるパートナーシップを築くために使えるよう、

自分軸を培っていきませう。

 

少しずつ、少しずつ🐑

 

☆関連記事:その才能で人を、自分を傷つけないために☆

 

 

>>>自分軸を培うメール・カウンセリング<<<

 

 

★心が楽になるメール・カウンセリング★

カウンセリングのご感想

ブログ記事リクエスト・無料相談

ツイッター@fridayship

メルマガ